自賠責保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険という保険で略すと自賠責保険と言われる保険になります。この自動車損害賠償責任保険は強制保険と言われ、自動車を車検に通す場合は、決まっている車検の期間に自賠責保険に加入している必要があります。簡単に言えば、全ての車が加入していなくてはならない保険です。それでは自動車が自賠責保険に入ったまま売りに出した時にはどうか考えてみたいと思います。自賠責保険というのは車検の際に更新されることが比較的多くあったりしますが仮に自賠責保険に加入した自動車を売却した場合は、その金額が返還されるという事例は全然ありません。なぜならば、自賠責保険の加入を外して、新たな保有者に移行するということは多少手間がかかるのです。ですので、強制保険というものは、名義変更をした後に車と一緒に渡すというのが基本です。ただしその代わりの額を商品代に上乗せしてくれます。強制保険(自賠責保険)の場合は自動車税とは異なり支払った額を月単位で割り算した額が返金されるのではなく、査定に足すというような方法がとられることが基本なのですが、これが査定票に掲載される場合はほとんどありません。なので、売却の際には自動車損害賠償責任保険の分の金額が売却額に入っているかを確認したほうがいいでしょう。納めた額がどのくらいの金額かだけでもわかっていれば、見逃すことはないはずです。その自賠責保険にかかる金額については加入していた期間により違うものなので注意が必要です。車の処分や廃車の際には自賠責保険の名義を書き換えする必要があります。もし名義書き換えをしていなければ保険の提供元からあなたに保険の満期便りが届いてしまいます。査定を考えている自動車がより正確に判断され高く売れることを応援させて頂きますね。