自動車の査定額を上乗せするには、、車を手放す時期、タイミングなども関係があります。所有する自家用車を少しでも無駄なく売ることを考慮すれば数点の注意点がある訳です。中古車の買取査定のポイントとして重要視されるところに走行距離が挙げられます。通常走行距離イコール、その車の消費期限とされるケースもありますので、走行距離が長ければ長いほど査定ではマイナス材料とされます。走行している距離が500キロと1万キロではご存知の通りで、中古車の買取金額は変わってきます。一般的には走行距離というのは短いとそれだけ中古車の売却額は高値になりますがそれほど突っ込んだ線引きはなく、決められた目安で査定額が算出されます。例えば、普通車だと一年で10000キロで線を引いてこの線以上走っていると査定がマイナスになるのです。軽自動車だと年間走行距離が8千kmがまた年数が経っているのに距離が短いケースでも、買取額が高値になるとは限りません。基本的には年式や走行距離での買取査定の要点は、乗っていた期間と比べて適正な距離を走っているかというところです。車もそうですね。次にその車の年式なども、自動車買取査定の重要な留意点です。十分に理解しているんだという人が多いと思いますが、通常は年式に関しては新しい方が査定をする上で有利なのですが稀にですがその年式の車にプレミアが付いているものは昔の年式の車でも高値で査定してもらえる場合もあります。次に車検があります。ご存知のとおり車検というものはお金がかかりますから車検までの残月数が残っているほど見積額は高くなると感じるのが普通かもしれませんがそういったことはなく実際、車検直前でも直後でも車の査定額には全然相関性がありません。軽ワゴン、電気自動車、バッテリー切れの車、などの処分する車のタイプコンディションなども見積額に相関性を与えます。車検前は売り時としてもいいタイミングということになります。逆に、見積額を高くするために、車検の後に買取査定を依頼しようと考えるのは車検代が勿体無く、たいして査定に響かないということです。他にも専門業者にマイカーを査定し、引き取ってもらう時期としては2月と8月が有名です。なぜなら自動車買取業者の決算期が3月と9月のところが結構多いからです。ですから、例えば、1月に売ろうと思ったらもうちょっと待って2月に中古車の買取査定を専門業者に依頼して売るのも良い方法です。あなたの事情もあるでしょうから、誰もがそのような時期を狙って買い取ってもらうというわけにもいかないのが実際だと思いますが、できるだけこのような時期に売りに出すのが都合がいいかもしれません。