愛車を売却するときや、さらに車両の買取時もどちらも印鑑証明がなければなりません。この印鑑証明という書類について解説しましょう。印鑑証明書とはある印鑑が実印として効力を持つという事実を保証する目的を持つものです。これがないのであれば、その印鑑が実印であるかどうかが裏付けられません。大きなお金が動く取引になる愛車の買い取りなので必然的に実印が必要ですが、その際に印鑑証明が必要となるのです。印鑑証明書をつくるためには、まずは印鑑証明をしなければなりません。印鑑証明に登録するはんこは通称、実印といい、世界で唯一のハンコである必要があります。印鑑を用意して、自分が住む市役所などに行けば、すぐに印鑑登録できます。印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードなるものを発行してもらえて、印鑑登録をしたはんこは実印になったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには役場の窓口へ出向き専用の用紙に必要項目を記載して、印鑑登録カードを持参するだけです。さらに自動交付機を使って印鑑証明を交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには有効期限などはないのです。ですから、どんなに前の印鑑証明であってもその効力は半永久的に持続するということになります。しかしながら、自動車買い取りのときには必須条件として現在より3ヶ月以内に交付されたものである必要があります。基本的には期限を定める必要はないのですが車買い取り時には買い取り先が有効期限を定めていますので仮に自動車の売却予定の車があるとしたら、手元に置いておくことが必要です。